環境に身を置くってすごい

環境に身を置くってすごい

脳内整理

『環境に身を置くってすごい』

もう春休みも1週間と迫ってるので
春休みの振り返りということで。

ちょうど一年前の2月終わり 
「変化せねば」ということでブログやったら1ヶ月後、「Facebookやりませんか?」という神の一声が。
#神の一声をかけていただいて大感謝も大感謝
#頭が地面から離れません

高校生まで「SNSなんかやらん」とブレーキベタ踏みだったのが「変化したい」環境変化も相まってFacebookやっちゃいました。

始めたが最後、
ガチャンと何かむちゃむちゃデカいものが動きました。
#2020年1月6日の3限目
#あの場にいなければ今はなかった
#ありがとうございます

そしてこの春休みもまたネジを1本2本外してもらいました。
ご自身で偏人って言われてるような場所に行ったら、そこで交わされる会話が響く響く。
あの時「1年かけて基礎体力つけといてよなった」と心の底から思いました。
やっぱり基礎体力が大事です。
#アンテナ

基礎体力があると死ぬほど入ってまいります。基礎体力は「とりあえず理解する」だけでついて、「一旦拒否」ではつきません。
今年の目標が「とりあえずやってみてあとから死ぬ気で帳尻を合わせに行く」と決め、
決めたからやる。

そしたら知らないうちにガーッと色んなものが入ってきてそれをガーッとインプットできるようになりました。

インプットをする目的はアウトプットするためです。
人が勉強会に行くのも、講演会に行くのも、イベントに行くのも、講習会に行くのも、全部そこでインプットしたものを自分の持ち場に帰ってアウトプットするためです。
インプットで止めるだけなら最初っからやる必要なんてないので。
#活かせないから
学んで蓄えて、「ここだ!」という時にアウトプットする。
その瞬間のためにインプットするんです。

インプットするためには自分をどこに置くかですが、やっぱりアンテナです。
自分がどこの波長に合わせるか。
3つ原則があるらしいです。
①同じ波長同士は合う
②全く高さが違う波長同士は合わない
③人はちょっと上の波長には合わせられる
#酔ってたからうる覚え 

③が大事で、波長が合わないと話が入ってこないです。
なので話を入れるためには波長をそこに持っていかないとダメなわけですが、自分の波長はちょっと上の波長にしか合わせられないんです。
新たなものを取り入れるには上の波長に合うように設定しないとダメで、これが基礎体力(下地)です。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。